解体工事を行なう前にしておくべきこと|円滑に作業を進める術

作業員

スムーズな建替えの第一歩

建物の解体を行う場合には専門の業者に依頼するようにしましょう。アスベストなどの有害物質については高度なスキルが必要ですし、兵庫など地域ごとに助成制度を用意している場合に熟練の業者に依頼すればそれらを使い損ねるリスクを低くできるためです。

詳しく見る

電気ドリル

構造によって違います

解体工事にあたっては坪単価3万円から6万円が兵庫県の相場となっており、家であれば構造によって違いますが200万から1000万程度が相場です。業者の選定にあたっては口コミ等を参考に実績がある業者、近隣への対応や保険の加入を確認し、複数業者で見積もりを比較する事も大切です

詳しく見る

男性

どんな業者があるのか

兵庫に解体業者に依頼するなら、まずは建物の種類を調べましょう。木造や鉄骨、あるいはアスベストなどを使った建物がありまから、それらに対応できる業者を選びたいです。他にも、内装の解体を専門にしている業者もあります。

詳しく見る

重機

信頼できる業者の選び方

兵庫で解体をお考えなら、地元で評判の良い業者について情報収集しましょう。追加費用を取られたり、不法投棄をするような悪徳業者に依頼してトラブルに巻き込まれることを避けるためにも、業者選びは慎重に行いたいものです。

詳しく見る

男性

専門業者に依頼する

兵庫で家屋やビルなどの解体工事をするには、専門業者に依頼するしかありません。その方が安全で安心して手際よく工事を終えることができます。ただし、たくさんの業者があるため、費用や工事期間などを比較して選びましょう。

詳しく見る

登録許可証の確認が大切

重機

注意してみるべき許可証

住宅を新築する際に、既存の住宅がある場合に利用することになるのが家屋の解体業者です。建築とは異なり細かな知識も必要なく、ただひたすら壊せばよいと思われるかもしれません。しかしその工事を行うためには専門の許可が必要となり、誰でも好きに行えるというわけではないのです。作業自体は責任者の元であれば、知識や要領が得られれば誰でも行うことが出来ます。しかし作業によって出た廃材は、それぞれの自治体の決まりにのっとって、材料ごとに廃棄の方法が決められています。そのため、解体業者は解体を行うために都道府県ごとに許可を得る必要があります。解体業をする上で申請する許可はいくつかにわかれます。建設業許可もしくは、解体工事業登録どちらかの登録を行い業務を行う業者がほとんどです。建設業許可を得ている場合では、全国で工事を行えます。依頼者の立場で注意が必要なのは、解体工事業登録をして業務を行う会社に依頼する場合です。この登録は、各都道府県ごとに登録が必要になります。例えば大阪府に事務所があり、大阪府の登録をしている場合は大阪府での工事は可能ですが、兵庫県で工事をする場合には別途兵庫県で解体工事業登録を行う必要があります。業者を見極める際に、事務所などの分かりやすい所に解体工事業登録などの証書が掲げられているかは一つのポイントになります。この際、どの都道府県で許可を受けているのかまでしっかり確認する必要があります。先ほどの例で大阪府で許可を受けていても、実際に作業をするのが兵庫県になる場合、兵庫県の許可を受けていなければ違法となります。許可を得ていないのを知らずに依頼したとしても、依頼者に罰則があることはほとんどありません。しかしあまりにも悪質な業者の場合、役所などに業務を行ったとして住所が残ってしまったり後々トラブルに巻き込まれることも考えられます。そうならないためにも業者選びは慎重に行う必要があります。

Copyright© 2018 解体工事を行なう前にしておくべきこと|円滑に作業を進める術 All Rights Reserved.